中 川 達 夫  星稜写真家


 
日本自然科学写真協会会員(SSP)
日本星景写真協会 理事
(ASPJ)

北海道旭川市生まれ  現在富山県富山市在住
10歳の頃より星空の世界を知る。同時期に剱岳を
富山市内から仰ぎ憧れを懐く
大学時代(信州大学 林学科卒)から山稜での星空に染
まり撮影を始める。

現在富山を拠点に中判やデジタルカメラにより
剱岳周辺ほか地球が感じられる場所での星夜を
追求している

各種掲載一覧

主な機材 PENTAX67U 67 6×7 マミヤ7II 7
       光映舎アストロカメラ4×5 SW612
      
100SDUF BORG125ED2.8 150ED
感光剤  EPP RVP-F RHPV

デジタル 
EOS5DIII EOS6D
     
α7SII α7RII
スキャナー coolscan9000 GT-X900
モニター  EIZO CG243W-B L887
 
 

 陽も暮れた山の稜線で風を感じながら
星を見ているとこの大地・地球もまた宇宙
の中のたくさんの星の中のひとつであること
がわかります。
 そしてこの地球は、かけがいのないたった
ひとつの
「星」であることも実感します。
 そんな星空の下で感じた風景を紹介します。
標高3000mの山岳での星空
 月の出で雪山が輝く夜半
谷間(窓)に沈む一等星
 地平線すべて赤くなる夜明け・・・


われわれの住む地球という「この星」を 
星空を通してもっと知ってもらうための
端となれば幸いです。

  星空を撮すこと 
 
日本写真著作権協会 に加盟しています。
 
mail to:
  

Home(wind)  自然との語らい  星 剱  地球の空  星空の風景  今日の風  夜風を受けて