コロナ沈殿払拭企画
 
月あかり・星あかり | 新絶景タイムスケイプ | 8K Timelapse moonlight
 
2.撮影機材(カメラ・レンズ)の紹介
 

8K対応機として sony と Nikon の デジタル35mmフルサイズ機

sonyα7RII (2015.12 購入以降、中古を買い足したり最新機種に交換等
 → 現在(2020.5)α7RII×2、α7RIII×2、α7RW 計5台で運用
※8K動画対応機としてメイン機材をSONYに転換。
N社やC社と使い勝手が大きく異なりビデオ機器的な操作感に慣れるまで時間がかかる。7RIIはバッテリーの持ちが短く、2個装填の外付装置の使用でやっと700コマ(C社6Dは2000枚OK)さらに一旦電源が切れると各種設定もリセットされることが度々。
その後、7RIIIになってバッテリーの持ちも2倍以上改善された。
幸い、CanonやNikonのレンズがアダプターですべて使える。逆にsonyEマウント純正AFレンズは、一旦電源を切るとMFモードでもピント位置がリセットされる(テープで止めても無駄)ので極力使用するのを避けている。アフターマーケットのMFレンズも電磁制御の玉は同様であることが判明。
長時間の連続撮影には電子制御でないレンズを使うことになる。気温や露出時間によって変動するが電子制御レンズでは概ね半分以下の枚数しか写せない。

D810A(2019.2購入)sonyは、赤い星雲の映りが苦手故 天の川や星雲撮影時に使用
 → 使わなくなった67の一部を下取

-----
その他 デジタルカメラ歴
Canon KDN.KDX. 5DII.6D.5DIII.6DII +3台改造機
 ※5DII以降 4K素材用で使用←まだ8K星景対応機がない
コンパクトデジカメは1999年頃から 
星景としては2006年当時より動画化の可能性を感じ連続撮影を併用

Fuji S5 彩色性能に惹かれ 
Nikon D700 初のフルサイズ 共に他機種の高感度性能が良くなったため引退  

 このほか他にも手を出した機種(O社・P社)もあり
 →特定メーカーに加担していません。



 
             剱沢でのテント内で持参した機材を陳列

8K(高画素)での基本事項

動画として星空の動きを流れるように考慮して撮影
・1コマ(写真)としての設定としない
→1枚をじっくり鑑賞することはないので点像にこだわらない(動画では1秒に30コマ)
 むしろ周辺減光が少ないように気をつかう


インターバル(1秒でも)を置かず、連写を基本
・1秒でも露出間隔があるとスムーズな動画にはならない
→パン(向きを変える)する場合は、止めたりせず通して動かす
(インターバル間のみに動かすのはナンセンス、ギクシャク感を助長)


カメラ装着バッテリで駆動 
・外付バッテリは氷点下でのトラブル(コード類・残量確認)の元
 氷点下での操作性を優先 プラスの気温では考慮低い


レンズはマニュアルフォーカス(無電源駆動)
・連続撮影枚数を稼ぐため消費電力を少なく
→AFフォーカスはMFモードでも電流が流れている
 撮影可能枚数は、半分以下に


・星空+地上を捉えるため、より広角化に  24mm→16mm→12mm→10mm
 ※魚眼レンズは状況によって併用

・メインレンズは、MFに 
ただし FiRin20mmMF や SamyangXP10mm はMFでも電子制御レンズで電気を食うので要注意
 

このほか望遠系も対象に応じて使用   20年間現役の100SDUF ×0.79 → 316mm
  ブレの軽減化のため直付けで小型赤道儀を駆動 (↑作例↓)
山際を攻める干潟星雲(M8) 薄明開始頃
 

 

 
YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=gxFNl1_BXtg
 終盤にNHKのCMが入ります。(画面に重なり少々難)

ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/so36259607
 画質が一番良いです。ループ機能もあり ☆おすすめ

NHKサイト
https://www.nhk.or.jp/d-garage-mov/movie/157-16.html




月あかり・星あかり

1.各シーンの情景
2.撮影機材(カメラ・レンズ)の紹介
3.撮影機材(三脚・架台)の紹介
4.撮影機材(その他)の紹介
5.撮影機材(おまけ)の紹介
6.撮影における留意点





 

Home(wind) 自然との語らい 星 剱 地球の空 星空の風景 今日の風 夜風を受けて

Copyright (C) 2020  nakagawa tatsuo (中川達夫)